仕切り線
そば食い友の会トップへ オブジェクターズテンプル インデックスへ

三津屋

山形市上町一丁目一番75号
023-644-4973
営業時間 午前11時〜午後8時
定休日 毎週火曜日

三津屋外観 三津屋入り口
おしながき
  • もり
    • 割子そば  1400円
    • 天ざるそば  1400円
    • 揚げなすおろしそば  800円
    • そばとろ  800円
    • 冷し納豆そば  750円
    • ざるそば  600円
    • せいろそば  550円
    • 大板そば(12山)  2200円
    • 半板そば(6山)  1100円
    • 大板そばもり盛り込み(14山)  2750円
    • 半板そばもり盛り込み(8山)  1650円
    • (夏期限定)
    • 冷し山菜そば  950円
    • 冷し鳥そば  850円
    • 冷したぬきそば  750円

  • かけ
    • 天ぷらそば  1400円
    • にしんそば  950円
    • なめこそば  850円
    • 山菜そば  850円
    • 親子そば  800円
    • カレーそば  800円
    • 山かけそば  800円
    • 鳥そば  750円
    • 玉子そば  700円
    • きつねそば  700円
    • 月見そば  700円
    • たぬきそば  650円
    • かけそば  600円
    • (冬期限定)
    • 鍋焼きうどん  1200円
    • 山なみあんかけそば  900円
    • 唐揚げそば  800円

  • 薬味
    • 天ぷら盛り合わせ  850円
    • 野菜天盛り合わせ  850円
    • 海老天(一尾)  250円
    • にしん  450円
    • 揚げなすおろし  350円
    • そばの実なめこ  300円
    • とろろ  200円
    • なめこおろし  200円
    • 山菜  150円
    • 納豆  150円
    • のり  150円
    • おろし  120円

  • 変わりつけ汁
    • かしわつけ汁  350円
    • あんかけつけ汁  400円
    • カレーつけ汁  400円

    うどんもあります。 そばの大盛りは200円増し、うどんの大盛りは250円増し
割子そば 半板そば
入ると一見普通の大きさ(←何を基準に言ってるのか不明)ですが、実は奥に座敷があります。
お屋敷風のゆったりとした広間ですので、のんびりとくつろげます。
とにかく腹がへってる時は手前の席、ゆっくりそばを楽しみたい時は奥のお座敷席、 という風にその日の気分で使い分けできるのは結構大きい事なんじゃないでしょうか。 (くつろぎたくてお座敷席にしたのにうるさい団体客が同室だった、なんて事もあるかもしれませんが)

そばは町そば、細いがしっかりとコシがある。つゆは甘めでまろやか。  この組み合わせは言うまでも無く、そばを『すする』のに適している。  ずるずるっと喉ごしで味わう快感。 やっぱそばっていいですよねぇ。

ただこの三津屋、町そば好きには文句無しにおすすめなのですが、高い!
一見他の店と変わりない値段なのですが、量が少ないんですよ。  食おうと思えば一人前30秒で食い終わります。 
大盛りで200円増しなので、天ぷらそばを食べようと思ったら1600円!
牛丼280円のこのご時世に、一食1600円はチト出せないっスよ!(←出したけど)
しかもそれで普通の量ですからね。  やはり俺みたいなヤツがホイホイと来れる店では無いのかもしれません。
しかしやはりうまいですからね。その値段分楽しめる事は言うまでもありません。  しかしやはり… ええい、きりが無いわ!

今回のまとめ。 「うまい町そばが食いたい。 金ならいくらかかっても構わん。」 というしましまのスーツを着ている方におすすめ。
…ええと、ちゃんとまとめときましょうか。 どんな方でも美味しくいただけるそばですが、 そばをちゃんと「すすれる」方にしかその本来の味わいが楽しめないかもしれません。 (←僕もまだその域ではない)
「間口は広いが実は上級者向け」と言えるでしょう。(値段の事も含めて)

関係無いが三津屋の駐車場案内。 …アバウトすぎる!(←いや、これでわかるんだけど)

三津屋駐車場

今回の教訓。 「笑いを取ろうと思ってわさびを一気食いすると、 後で胃が痛くなるのでやめたほうがいい」

仕切り線
SEO [PR] カード お取り寄せ ルクエ 動画 無料レンタルサーバー SEO